ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む

  • 岳南電車
  • 天竜浜名湖鉄道
  • 鉄道王国・静岡は列車で巡るべし

天竜浜名湖鉄道・天浜線 掛川駅~新所原駅《67.7km》
懐かしい鉄道施設が現役で活躍
〝第二東海道線〟の鉄路をたどる
若葉が繁(しげ)る緑のトンネルをくぐり抜ける。移り変わる車窓もローカル線の醍醐味(だいごみ)、ゆっくり走る各駅停車を満喫したい。(宮口(みやぐち)駅~フルーツパーク駅)

東海道新幹線を掛川駅で降りて、天竜浜名湖鉄道に乗り換え。通称・天浜線は戦前から使われている施設が今も現役で活躍する、見どころ満載の鉄道だ。沿線の名所に立ち寄りながら浜名湖を目指す。

 東海道新幹線で県西部の掛川(かけがわ)駅まで移動する。東西に長い静岡は、観光ポイントの移動に新幹線を使うと便利だ。掛川駅からJR線と分岐し西へ伸びる鉄道がある。線路は浜名湖の北を回り南下、新所原(しんじょはら)駅で東海道本線に再び合流する。
 天竜浜名湖(てんりゅうはまなこ)鉄道・天竜浜名湖線(天浜線)がその正式路線名だ。まるで東海道本線と競合するかのように通されているが、それにはこんな理由があったとされる。
 天浜線の前身である国鉄二俣(ふたまた)線の全線開業は、昭和15年(1940)のこと。戦時下の当時、東海道本線という輸送の動脈が攻撃されたときのために、国防上の理由で迂回(うかい)路を確保する必要があった。それが旧二俣線、現在の天浜線の成り立ちといわれている。
 そんな歴史を背負う天浜線には、かつて蒸気機関車が走っていた昭和時代の名残を、駅や施設に多く遺(のこ)す。全線で、駅舎、ホーム、転車台、扇形車庫など全部で36の施設が国の有形文化財に登録されている。施設の多くは今も現役で使われ、いわば天浜線そのものが、日本の近代化を象徴する「活きた鉄道博物館」ともいえる。

乗車したまま転車台を体験

  •  天浜線は各駅それぞれに趣があるが、鉄道施設の魅力に触れるとすれば天竜二俣(てんりゅうふたまた)駅での途中下車をお薦めしたい。木造駅舎や休憩所などを見学していると、古きよき時代にタイムスリップをしたかのような不思議な感覚になる。
  •  転車台と付設する鉄道歴史館の見学ツアーは毎日開催されているが、なかでも人気を集めるのが「洗って!回って!列車でGO!」という乗車体験イベントだ。乗車したまま洗車機をくぐり、そのまま転車台も体験できる。転車台では、前進か後進しかしないと思っていた列車が回転するという、これまでにない迫力の乗車体験を堪能できる。
天竜二俣(てんりゅうふたまた)駅

天竜二俣(てんりゅうふたまた)駅

「転車台&鉄道歴史館見学ツアー」は毎日開催。予約不要で料金は200円。乗車体験ができる「洗って!回って!列車でGO!」は土曜・日曜・祝日を中心に開催、予約制で料金は500円。
お問い合わせ先:営業課 053-925-2276
天竜二俣駅構内の運転区休憩所。木造の建物の軒先に作業つなぎが干されている。奥に見えるのは、SL時代に使われていた貯水槽。
転車台の向こうに、扇形車庫が見える。蒸気機関車の車両を進行方向に向けるための施設であるが、今も稼働しているのは珍しい。
座席が向かい合うクロスシートであれば、景色を肴(さかな)に一献傾けたくなる。
沿線の地酒の酒蔵も訪ねてみたい。
鉄道歴史館は見学ツアーの順路に組み込まれている。旧二俣線から使われてきた、鉄道の道具類や駅の設備などが展示されている。

香勝寺(こうしょうじ)

境内に15種4万5000株ものききょうが栽培されている、別名「ききょう寺」。花の見頃は6月初旬~7月下旬。森町病院前駅下車徒歩約10分。

住所:周智郡森町草ヶ谷968
お問い合わせ先:0538-85-3630
時間:9時~17時 定休日:桔梗(ききょう)園は6月初旬~7月下旬まで開園。開園期間中は無休。料金:500円

天竜浜名湖鉄道・天浜線 掛川駅~新所原駅
そして鰻。
ここまできたら食べずには帰れない
  •  天浜線の車窓に浜名湖が見える頃になると、やはりご当地ならではのごちそうが食べたくなる。
  •  そう鰻(うなぎ)だ。浜名湖は養殖鰻の発祥の地、最高レベルの鰻を求めて名店には全国から客が訪れる。
  •  そんな絶品の鰻を目指して東都筑(ひがしつづき)駅で下車、沿線でも名店として知られる『炭焼うなぎ 加茂』を訪ねた。炭火でふっくらと焼かれた鰻は特上だとたっぷり1匹と半分。なんともいえない香ばしさが漂い食欲全開のスイッチが入る。
  •  遠江一宮(とおとうみいちのみや)駅の駅舎内に、週末には行列のできる蕎麦店『百々(もも)や』がある。自家製粉の蕎麦粉を使い、手打ちで仕上げる本格的な店だ。香り高く、つるりとのどごしのよい一枚はあっという間に食べ終わるので、お代わりを頼むお客さんが多いという。
笊蕎麦(ざるそば) 百々(もも)や

笊蕎麦(ざるそば)
百々(もも)や

「ざる」(写真)、「田舎」ともに850円。奥の焼き味噌は250円。冷酒は650円~。税込み。
住所:周智郡森町一宮2431-2
お問い合わせ先:
0538-89-7077
時間:11時30分~15時(売り切れ次第終了) 定休日:月曜、火曜(祝日営業)

天浜線・遠江一宮(とおとうみいちのみや)駅の駅舎内。

蕎麦を打つ主人の美甘(みかも)康介さん。
開店してから21年、評判の人気店となり、遠方からの客が絶えない。電話予約可。
うなぎ1匹半の「うな重 特上」4800円(写真)、「うな重 上」3800円、「うな丼 特上」3800円ほか。いずれも肝吸(きもす)い、香の物付き。地酒は500円~。税込み。
笊蕎麦(ざるそば) 百々(もも)や

炭焼うなぎ 加茂

住所:浜松市北区三ヶ日(みっかび)町都筑791-8 お問い合わせ先:053-526-2428 時間:11時~14時、17時~売り切れ終了(月曜・火曜・金曜)11時~16時、17時~売り切れ終了(土曜・日曜・祝日) 定休日:水曜、木曜

天浜線・東都筑駅(ひがしつづき)より徒歩約3分。

天竜浜名湖鉄道・天浜線 掛川駅~新所原駅
酒蔵にワイナリー。
静岡の銘醸地帯を行く
  •  静岡の酒の特徴は、ほどよい香りとともにすっきりした味わいにある。酒造りに欠かせない水は、富士山や南アルプスの伏流水、厳選された米、それに県の工業技術支援センターが開発した「静岡酵母」によって、一気に全国でもトップランクの銘酒の産地となった。
  •  宮口(みやぐち)駅近くにある花の舞酒造では、酒蔵見学を随時受け入れ、限定の生原酒の試飲もできる。すべて無料というのが左党には嬉(うれ)しい。
  •  フルーツパーク駅は平成8年に開業した比較的新しい駅だ。駅名になった施設の中にはワイナリーがあり、工場見学やできたてのワインの試飲ができる。地元産のぶどう、ピオーネを使い、新しいワイン造りに挑戦する、静岡県西部では唯一のワイナリーである。
併設のショップでしか買えない日本酒の試飲ができる。杜氏(とうじ)のお薦めは「蔵元限定生原酒」(720ml 1944円/税込み)。
地元のぶどうを使った「都田ロゼ」(左:750ml 2300円/税込み)など。
すっきりとして香りがふくやか。『花の舞』は銘酒が揃う静岡でもトップランクの品質を誇る。

天浜線・宮口(みやぐち)駅より徒歩約6分。

花の舞酒造

花の舞酒造

住所:浜松市浜北区宮口632
お問い合わせ先:フリーダイヤル 0120-117-322
時間:酒蔵見学は10時~18時(所要時間60~90分)。定休日:1月1日と2日 料金:無料 10名以上は要予約。

はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)

はままつフルーツパーク
時之栖(ときのすみか)

ワイナリーの見学(約30分)はおみやげワイン付きで別途1000円。ワイングラスの名入れ体験もできる。1000円(グラス付き)。税込み。
住所:浜松市北区都田町(みやこだちょう)4263-1 お問い合わせ先:053-428-5211 時間:9時~18時 料金:700円 定休日:無休

天浜線・フルーツパーク駅より徒歩約8分。

トキワマンサク群生地

天浜線・大森(おおもり)駅より神座川(かんざがわ)沿いに徒歩で20分ほど上流に向かうと、トキワマンサクの小さな白い花が咲き誇る。群生地としては日本北限で、県の天然記念物に指定されている。見頃は4月中旬~下旬。見頃に合わせてトキワマンサクまつりが開催される。

お問い合わせ先: 053-576-1230(湖西市観光振興協議会)

天竜浜名湖鉄道・天浜線 掛川駅~新所原駅
浜名湖の水辺をかすめて
列車は走る
  •  天浜線の旅も終盤に近づいてくると、車窓に浜名湖が見え隠れするようになる。中でも湖がもっとも接近する駅が浜名湖佐久米(はまなこさくめ)駅で、カーブした長いホームと線路が湖面に接する。この駅は、晩秋から春先にかけてユリカモメが飛来することでも知られる。
  •  浜名湖で宿泊するなら、舘山寺(かんざんじ)温泉まで足を延ばしてみるのはいかがだろう。東海地方有数の温泉街とあって、大規模な温泉ホテルからこじんまりとした宿まで大小の温泉施設がひしめく。温泉の名となった曹洞(そうとう)宗舘山寺や新緑が美しい大草山(おおくさやま)など見どころも多く、遊覧船で湖を巡るのも楽しい。
  •  浜松(はままつ)駅までは、シャトルバス(宿泊者専用)かタクシーで約40分、東海道新幹線で帰途につける。
開湯60周年を迎えた舘山寺(かんざんじ)温泉。写真は大草山(おおくさやま)から見たかんざんじロープウェイと温泉街。お問い合わせ先:053-487-0152(浜名湖かんざんじ温泉観光協会 )

足を延ばせば舘山寺温泉

終着の新所原(しんじょはら)駅に向かう下りの列車は、西気賀(にしきが)駅を過ぎたあたりから浜名湖の湖水に沿うように進み、車窓に湖面を映すことも多くなる。写真は寸座(すんざ)駅付近。
浜名湖佐久米(はまなこさくめ)駅

浜名湖佐久米(はまなこさくめ)駅

天浜線でいちばん長いホームがあるのが浜名湖佐久米駅である。その長さは101.5m、現在はかさ上げした一部しか使われていない。

舘山寺温泉までは、天浜線・気賀駅からタクシーで約15分。JR浜松駅から路線バスで約50分。

東海道本線、東海道新幹線の掛川駅から、東海道本線の接続駅新所原駅までの67.7kmを約2時間10分で結ぶ。すべて普通列車で運行される。

  • 静岡を旅するなら新幹線で。旅行プランはこちら
  • 新幹線で行く静岡の旅 静岡DC篇
  • 岳南電車
  • 天竜浜名湖鉄道
  • 鉄道王国・静岡は列車で巡るべし

2019年4月9日更新

東海道新幹線沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。