ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む
  • 飛騨の古い町並高山と日本の原風景白川郷へׅ
  • 宿泊フリープラン

「高山・白川郷の旅」を楽しむ4つのポイント!

  • ポイント1
  • ポイント2
  • ポイント3
  • ポイント4

※高山市電子地域通貨さるぼぼコイン:高山市・飛彈市・白川村の地域限定スマートフォンアプリで利用できる電子通貨

  • ポイント1
  • ※状況により、運休や減便となる場合がありますので、
    ご出発前にご確認ください。濃飛バスホームページはこちら
  • ポイント2
  • 運行ルートを見る(PDF)
  • これより先は濃飛バスのサイトに移動します。
  • ポイント3
  • ポイント4
  • 高山市電子地域通貨さるぼぼコインの詳細を見る
  • これより先は飛騨信用金庫のサイトに移動します。
  • 詳しい情報を見る
  • 閉じる

オプション

宿泊フリープラン一覧

高山・白川郷の見どころ

高山

観光スポット情報

中橋

飛騨高山の代表的な赤塗りの橋

市内中心部を流れる宮川に赤い橋がかかり、夏の新緑と調和し美しい光景が見られます。特に中橋下流の筏橋からの光景は高山では外せないビューポイントのひとつ。2020年7月1日から8月16日は夏のライトアップが行われます。

中橋
  • 住所: 岐阜県高山市川原町
  • 電話: 0577-32-3333 (高山市観光課)
  • アクセス: JR高山駅下車、徒歩約10分

古い町並

にぎやかで美しい城下町の情緒を残す町並

天正14年(1586)に武将・金森長近が高山に拠し、城下町を築いて以降、その美しい町並は高山のシンボル。西にはお堀に最適な宮川、東には要塞となる丘陵地があり、城下町に最適な立地でもありました。特に美しいと評判の上三之町周辺は、まっすぐな道の両脇に用水が流れ、飲食店や土産物店に改装された町家が並びます。今でも多くの人が行き交う様子は、商人の町だった当時のにぎやかな光景を思わせます。

古い町並
  • 住所: 岐阜県高山市上三之町他
  • 電話: 0577-32-3333 (高山市観光課)
  • 営業時間: 散策自由
  • アクセス: JR高山駅下車、徒歩約12分

高山陣屋

全国で唯一現存する、貴重な江戸時代の代官所

元禄5年(1692)から明治維新までの176年間、飛騨の政治の中心地だった場所です。もとは高山城主・金森家の下屋敷でしたが、徳川幕府が飛騨を直轄領としてからは陣屋となりにぎわいました。陣屋とは郡代・代官の役所、役宅、御蔵の総称のことで、高山陣屋は全国で唯一現存する江戸時代の代官所(後郡代役所)。重厚な表門や、玄関の間や吟味所のほか、江戸時代の風情を色濃く感じる松や、くれ葺屋根なども見どころです。

高山陣屋
  • 住所: 岐阜県高山市八軒町1-5
  • 電話: 0577-32-0643
  • 営業時間: 8:45~17:00 (3~10月 ※8月は18:00まで) 8:45~16:30 (11~2月)
  • 料金: おとな440円、高校生以下無料
  • 休業日: 12月29日、12月31日、1月1日
  • アクセス: JR高山駅下車、徒歩約10分
  • 観光スポットを見る
  • 閉じる

白川郷

観光スポット情報

野外博物館 合掌造り民家園

点在した合掌家屋を集め往時の姿で内部を公開

白川郷の各地に点在する合掌建築を集め、文化財として展示保存する目的で誕生した野外博物館です。最も大きな中野義盛家住宅は明治後期に建てられたもので、内部では往時の写真を展示。合掌造り家屋のほか、神社や馬屋なども並びます。園内では、時間によっては手作り体験(有料)に参加することもできます。写真撮影をしたり、スケッチを楽しんだりと、静かな時間を思い思いに満喫してみては。

野外博物館 合掌造り民家園
  • 住所: 岐阜県大野郡白川村荻町2499
  • 電話: 05769-6-1231
  • 営業時間: 8:40~17:00 (3月~11月) 、9:00~16:00 (12月~2月)
  • ※体験 (4月~10月の期間中受付) は別途有料、要予約
  • 料金: おとな600円、小・中・高校生400円
  • 休業日: 無休 (12~3月は木曜日 / 木曜日が祝日の場合は前日)
  • アクセス: JR高山駅から白川郷行きバスで約50分「白川郷」下車、徒歩約15分

城山天守閣展望台

四季折々の自然に囲まれた合掌造りの集落を一望

白川郷の荻町合掌造り集落を一望できる高台の展望台。天候がよければ合掌造りの家屋や田んぼなど、集落全体を見渡すことができます。春には桜、5月には田植え、秋には山の木々が色づき、そして冬には雪が積もった茅葺屋根の集落のライトアップと、四季折々の景色が楽しめます。ゆっくりと流れる時間の中で、今も守り継がれている風景を堪能してみては。

城山天守閣展望台
  • 住所: 岐阜県大野郡白川村荻町
  • 電話: 05769-6-1013 (白川郷観光協会 / 問合せ受付時間9:00~17:00)
  • 営業時間: 散策自由
  • アクセス: JR高山駅から白川郷行きバスで約50分「白川郷」下車、「城山展望台」行きシャトルバス約10分または徒歩約20分

和田家

今でも人が住む江戸中期建築の合掌家屋

江戸時代に名主や番所役人を務めた和田家は、白川郷でも最大規模の合掌家屋で国指定の重要文化財。築300年以上も経っていますが、今でも人が住み、歴史ある茅葺の家屋を守り続けています。一般公開もされており、釘を1本も使っていない内部構造が見られるほか、強風や冬の豪雪にも耐えられるように工夫された、先人の知恵を知ることができます。

和田家
  • 住所: 岐阜県大野郡白川村荻町997
  • 電話: 05769-6-1058
  • 営業時間: 9:00~17:00
  • 料金: おとな300円、こども150円
  • 休業日: 不定休
  • アクセス: JR高山駅から白川郷行きバスで約50分「白川郷」下車、徒歩約3分

明善寺郷土館

趣深い合掌造りの寺院内にある郷土資料館

白川郷の名所のひとつで、浄土真宗の古刹として知られています。本堂や庫裡は、昔の佇まいを残した趣深い合掌造りで、いずれも江戸時代後期の建築。現在は郷土資料館として一般公開もされており、館内1階には囲炉裏の間が広がり、2階には農具や木工家具、炊事用具など、当時の暮らしをうかがわせる生活用品などが展示され、かつての生活を伝えています。

明善寺郷土館
  • 住所: 岐阜県大野郡白川村荻町679
  • 電話: 05769-6-1009
  • 営業時間: 8:30~17:00 (4月~11月) 、9:00~16:00 (12月~3月)
  • 料金: おとな300円、こども100円
  • 休業日: 不定休
  • アクセス: JR高山駅から白川郷行きバスで約50分「白川郷」下車、徒歩約7分
  • 観光スポットを見る
  • 閉じる

2020年7月3日更新

東海道新幹線沿線

東海道新幹線沿線

その他沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。