ようこそJapan Highlights Travelへ。
旅へ出かける時の出発エリアはどちらですか?

  • 関西発
  • 中部発
  • 静岡発
  • 首都圏発
Webサイトへ進む

愛知トラベラーに人気の秋色スポットそぞろ歩き

今年の秋の予定は決まりましたか?おすすめは東京から新幹線で手軽に行ける、名古屋を中心とした1泊2日の旅。日本の伝統文化と産業技術が集まる愛知には、エリアごとにさまざまな魅力が詰まっています。名古屋城なら行ったことあるし…なんて思っている人はちょっと待って。愛知の見どころは、名古屋だけではありません。今回は、メジャーな観光地から一歩踏み込んだ、地元の人たちに人気のスポットと名物グルメをご紹介。往復の新幹線と一泊分の宿泊がセットになったお得なプランで、秋の愛知に出かけましょう!

01 紅葉と日本庭園! 幻想的なイルミネーションを堪能 ―白鳥庭園(しろとりていえん)―

  • 名古屋市熱田区、熱田神宮のすぐ近くにある美しい白鳥庭園。敷地面積3.7ヘクタール、東海地方最大級の規模を誇る、池泉回遊式日本庭園です。ここは中部地方の地形がモチーフになっていて、築山を御嶽山、水の流れを木曽川、川が注ぎ出す池は伊勢湾に見立てられているのだそう。庭園の中央には、本格的な数寄屋建築の「茶室 清羽亭」や、汐の満ち引きで移り変わる景色を楽しめる「汐入の庭」が。甘味処もあるので、散策に疲れたらこちらで一息つくのもいいですね。
  • 毎年紅葉シーズンには「あかりアート」が開催され、庭園や滝が美しくライトアップされます。昼間とはまったく異なる顔に魅了されること間違いなし! 幻想的な風景を楽しみに、カメラを持って出かけてみるのもおすすめです。
  • あかりアート
  • 実施期間
    2019年11月16日(土)~12月8日(日) 9:00~21:00(入園は20:30まで)
    ※期間中11月18日(月)、11月25日(月)、12月2日(月)は休園日。
    ※17:00より正門のみの入園(北門は閉門)。日没(17:00前後)よりライトアップ。〈11月22日(金)、23日(土・祝)を除く〉
    アクセス
    JR東海道新幹線「名古屋駅」から名古屋市営地下鉄東山線に乗換え「栄駅」下車、名古屋市営地下鉄名城線に乗換え「神宮西駅」下車。4番出口より徒歩10分。

全国からファンが集まる「なごやめし」の代表格 ―あつた蓬莱軒、山本屋総本家―

  • 散策でお腹が減ったら名物「なごやめし」はいかが? 白鳥庭園からすぐの場所にある「あつた蓬莱軒」は、1873年創業のひつまぶしの名店。熱々のご飯の上に、敷き詰められたうなぎの蒲焼き! 代々受け継がれている秘伝のタレと、職人が焼き上げる芳ばしいうなぎがたまりません。 ご飯より麺の気分…そんなときは、味噌煮込みうどんもおすすめ。味噌つゆにコシのある生のうどんを煮込んだ味噌煮込みうどんは、「なごやめし」の代表的な料理の1つです。1925年創業の山本屋総本家は、全国へ味噌煮込みうどんを広めた老舗で、独特のコシがある麺は、職人が季節や天候を考慮しながら手打ちしているそう。愛知県内にいくつか店舗があるので、立ち寄った先でぜひチェックしてみてください。
  • ※「ひつまぶし」は、あつた蓬莱軒の登録商標です。
    1. あつた蓬莱軒 神宮店
    2. 営業時間
      11:30~14:30 (LO)、16:30~20:30 (LO)
      住所
      愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
      定休日
      火曜、第2・4月曜 (祝日は除く)
      アクセス
      JR東海道新幹線「名古屋駅」下車し「名鉄名古屋駅」へ、名鉄名古屋本線に乗換え「神宮前駅」下車、徒歩約10分。または名古屋市営地下鉄「伝馬町駅」1番出口から徒歩約3分。
    1. 山本屋総本家 本家
    2. 営業時間
      平日 11:00~15:00、17:00~22:00 (LO:21:00)
      土日祝 11:00~22:00 (LO:21:00)
      住所
      愛知県名古屋市中区栄3-12-19
      定休日
      水曜
      アクセス
      JR東海道新幹線「名古屋駅」から名古屋市営地下鉄名城線に乗換え「矢場町駅」下車。6番出口より徒歩約6分。
  • 愛知1泊フリープラン

02 町中が黄金色に!絵画のような世界を楽しんで ―祖父江のイチョウ―

  • 稲沢市祖父江町には、樹齢100年を超えるものを含めイチョウの大木が約11,000本も植えられていて、ぎんなんの産地としても有名です。この地域には冬になると伊吹おろしと呼ばれる強い西風が吹き付けるため、昔から防風林を兼ねて神社や仏閣を中心にイチョウが植えられてきました。
    イチョウが色づく晩秋には町中が黄金色に染まり、毎年11月下旬には「そぶえイチョウ黄葉まつり」が開催されます。これだけのイチョウを一度に見られる機会はめったにありません! イチョウ並木のトンネルや、夜のライトアップされた町並み、この時期だけの圧巻の風景を楽しんで。
  • そぶえイチョウ黄葉まつり
  • 実施期間
    2019年11月23日(土・祝)~2019年12月1日(日)〈ライトアップは11月23日(土・祝)~30日(土)の17:00~21:00〉
    アクセス
    JR東海道新幹線「名古屋駅」からJR東海道本線に乗換え「尾張一宮駅」下車し「名鉄一宮駅」へ。名鉄尾西線に乗換え「山崎駅」下車、徒歩約3分。

リピート客も多数!名物・一宮モーニングの人気店 ―カフェ メールネージュ―

  • モーニングとは、ドリンク代のみでパンやサラダ、卵料理などがついてくる朝食サービスのこと。名古屋市の北に位置する一宮市が発祥とされ、ここでは多くの喫茶店が多彩なサービスでしのぎを削っています。
    なかでも人気店として必ず名前が上がるのが「café merneige」。モーニングタイムは8時~11時で、メニューは大人気のフレンチトーストモーニング、ワッフルモーニングのほかデリモーニング、子供用のキッズモーニングなど種類も豊富。はちみつやアイスクリームなどのトッピングも選べます。また、イタリアのilly豆を使用したエスプレッソ、カプチーノをはじめドリンクメニューは100種類以上! 開放的でゆったりした店内は子供連れでも安心。この機会にぜひ、一宮モーニングを試してみては?
  • café merneige(カフェ メールネージュ)
  • 営業時間
    8:00~18:00、モーニング 8:00~11:00、ランチ 11:30~14:00 (LO:13:50)
    住所
    愛知県一宮市木曽川町外割田4の通り106-1
    定休日
    不定休
    アクセス
    JR東海道新幹線「名古屋駅」下車し「名鉄名古屋駅」へ、名鉄名古屋本線に乗換え「新木曽川駅」下車、徒歩約15分。
  • 愛知1泊フリープラン

モーニングトレイン一宮

03 日本最古の木造天守から、愛知が生んだ名将に思いを馳せる ―犬山城―

  • 名古屋駅から電車で1本、木曽川のほとりにたたずむ犬山城は、姫路・彦根・松本・松江城と並ぶ国宝5城の1つ。1537(天文6)年に織田信長の叔父、織田信康によって築城され、三層四階地下二階の天守は、現存する日本の城の中で最古の様式です。
    最上階には廻縁(まわりえん)があり、外に出てぐるりと一周することが可能。ちなみにこの廻縁が現存する初期望楼型の天守は国宝では唯一であり、高欄(こうらん)と呼ばれる手すりの両方が現存している城郭はとても珍しく、犬山城の見どころのひとつ。小高い山に建つ犬山城の天守からは、濃尾平野や木曽川、遠くは岐阜城や御嶽山までの絶景が一望できますよ。
  • ※犬山城は保存修理工事中のため、外観の一部をご覧いただけない場合があります。(入場は可能)
  • 国宝 犬山城
  • 営業時間
    9:00~17:00 (入場は16:30まで)
    住所
    愛知県犬山市犬山北古券65-2
    アクセス
    JR東海道新幹線「名古屋駅」下車し「名鉄名古屋駅」へ、名鉄犬山線快速特急または特急に乗換え「犬山駅」下車、徒歩約20分。
    入場登閣料
    おとな 550円 こども (小・中学生) 110円

情緒あふれる城下町散歩&食べ歩きを楽しむ ―犬山市街地―

  • 犬山城を見学した後は、古い町並みが残る城下町散策へ。犬山城から名鉄・犬山駅までは、食べ歩きグルメが充実した人気のエリア。メインストリートの両側には、食事処やおみやげ屋がずらりと並びます。
  • ここの定番は「串グルメ」で、明治時代から伝わる田楽からインスタ映えするカラフルな串団子まで、バラエティに富んだ串モノが。そのほかにも見た目がかわいいてまり寿司や、色鮮やかなフルーツパフェ、ビールにフランクフルトなど、あらゆる食べ歩きのお店が集まっています。点在する文化財を見学しながら、犬山グルメを楽しみましょう。
  • 犬山城城下町
  • アクセス
    JR東海道新幹線「名古屋駅」下車し「名鉄名古屋駅」へ、名鉄犬山線快速特急または特急に乗り換え、「犬山駅」下車、徒歩約10分。
  • 愛知1泊フリープラン

04 必見!「桜と紅葉」のコラボレーション ―小原四季桜―

  • 春は桜、秋は紅葉…。でもその両方が一度に楽しめるのが、豊田市小原の四季桜です。もともと小原は寒暖差が大きく、紅葉の美しい町としても有名なところ。さらに春と秋に花を咲かせる四季桜の数は10,000本にものぼり、紅葉と重なる秋の開花は圧巻です。ピンク色の四季桜と真っ赤な紅葉のコラボレーションは、観光客はもちろん地元の人にも大人気のスポットとなっています。
  • 毎年11月には桜と紅葉の共演を楽しむ「小原四季桜まつり」が開催され、メイン会場となる小原ふれあい公園には特設ステージでのイベントや、たくさんの露店が並びます。素晴らしい景色を眺めながら、地元の名産品をぜひ堪能して!
  • 豊田市小原四季桜まつり
  • 開催期間
    2019年11月1日(金)~2019年11月30日(土) 小原ふれあい公園のみ11月9日(土)~11月30日(土)
    アクセス
    JR東海道新幹線「名古屋駅」からJR中央本線に乗換え「鶴舞駅」下車、名古屋市営地下鉄鶴舞線に乗換え「豊田市駅」下車、とよたおいでんバス上仁木行きで「小原大草」下車、徒歩約5分。(会場のひとつ小原ふれあい公園までのアクセスです。)

2019年9月24日更新

東海道新幹線沿線

フリーワード

おすすめのキーワード

日本の代表的なグルメ・観光スポットを紹介します。
東京・小田原・箱根・熱海・富士山・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪エリア周辺情報が満載です。

Japan Highlights Travelとは?

画像・イラストはすべてイメージです。